atelier grid creative development

atelier grid creative development

宗像の家 その10
2009/04/21

宗像の家 その10

4月19・20日と『Munakata House』の

中間検査・現場監理のために

福岡に行って来ました。

 

外壁下地(構造用合板)、屋根材である鋼板も

張り終わり、外観のボリュームがはっきり見えてきました。

 

西面(建物の背景)にある山の裾に建つ『Munakata House』

は1F、2Fの建物高さをプランの段階で山並みの緩やかな傾斜と

同じように感じられるよう計画しており、周辺環境に溶け込む

建物になる予定です。

また、内部リビングの天井も構造材である梁をそのまま見せることで

南側にある縁側から中庭のへと続く空間に建物と同様に緩やかな傾斜を

つくっています。

内部 リビング

東面に広がる麦畑の風景は、訪れる度に新しい顔を持っていて、

季節の変化を直に感じ取ることができます。

2Fからの眺め

検索

アーカイブ